Saturday, October 03, 2009

Rails Unit Test

これまでの流れ。 A Guide to Testing Rails Applicationsを読んでいる。

確認


  test "post should not save without title" do
    post = Post.new
    assert !post.save, "Saved the post without a title"
  end

というテストを書いたので,今度は

  test "post can save with title" do
    post = Post.new
    post.title = "Test Title"
    assert post.save, "Saved the post with a title"
  end

というのを書いてみたが, post.title = "Test Title" で怒られる。どう記述すればいいのか。

3.3 What to Include in Your Unit Tests

続き
Unit Testに何を含めればいいのか?

Ideally you would like to include a test for everything which could possibly break. It’s a good practice to have at least one test for each of your validations and at least one test for every method in your model. 理想的にいえば,起こりえる全ての事に大してテストしたい。全てのvalidationに対して少なくとも一つのテストと,全てのメソッドに対しても少くても一つ以上のテストを作成するのが good practice である。
メソッドに対するテストと書いてあるが,具体的にどんなメソッドテストを書くのだろうか?

3.4 Assertions Available

3.5 Rails Specific Assertions

どんなassert式を書けるか。Rails特有のassertionは? リンク先の表を見るのがいい。

No comments:

There was an error in this gadget