Monday, November 30, 2009

NatsuLiphoneとRead It Laterとの連携 (1)

NatsuLiphoneを使っている際に,TimelineにURLが付いているのを読み返したいとき,無闇にふぁぼったりして,favoriteなのか,ただ単なるreminderなのか,よくわからない状況で使っていました。

折角,NatsuLiphoneのsourceが公開されているので,Read It LaterのAPIを連携させて,「web siteを後で読む」(Read It Laterとの連携機能)を実装してみました。

Read It LaterのAPI Keyの関係上,まだdiffを公開できませんが,ここ数日でNatsuLiphoneの作者様や,Read It Laterと連絡してみて,何とか公開できるようにしてみます。

見せられる部分のキャプチャ画面。

 
下のツールバーに+ボタンつけました。 UIActionSheetでRead It Laterに登録するボタンを出しました(キャンセルもできます)。  
Read It Laterのアカウント設定画面入り口 Twitterと同じようにRead It Laterのアカウントを設定します。 アカウントが間違っていると,Alertで警告されます(アカウント登録キャンセル機能も実装しないといけないことに今気付いた)。

さて,NatsuLiphoneのsourceは,Model,View,Controllerとの概念をしっかり分けていて,比較的楽に読むことができたのですが,一点だけ気になる点。

ntlniph/NatsuLion/models/network/NTLNHttpClient.mの
- (void)requestSucceeded {
 // implement by subclass
}

- (void)requestFailed:(NSError*)error {
 // implement by subclass
}
の箇所。やはり,これらの2つの関数をdelegate protocolで定義し,このdelegate protocolをsub classは実装するという形にすれば,もっと綺麗になるかなと思いました。Objective-Cに慣れるための練習問題として,やってみるのも面白いかと思います。

No comments:

There was an error in this gadget