Friday, February 12, 2010

ChromeとEmacsを愛するもの達へ 【編集あり】

Chromeもいいけど,TextareaはEmacsで編集したいのでFirefox + Dafizilla ViewSourceWith から抜けだせないあなたへ。

より,Edit with Emacs (Google chrome extensions)をどうぞ。

自分はやっぱりemacsclientを使いたいのと,Ruby on Railsの環境を構築済みなので,monoさんのWEBrickを用いたWebサーバー版のを使わせていただきました。
しかし,

temp << req.body
ではutf-8を上手くあつかえていないので( << が駄目だと思う ),自分のところでは,
temp.puts req.body.toutf8
に手直しして使っています。

自分のところのruby-server.rbはこんな感じです。どうもありがとうございました。

#!/usr/bin/ruby -Ku
require 'webrick'
require 'tempfile'
require 'kconv'

$EDITOR = '/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/bin/emacsclient'
$PORT = 9292

server = WEBrick::HTTPServer.new(:Port => $PORT)

trap('INT') { server.shutdown }

server.mount_proc('/status') do |req, res|
  res.status = 200
end

server.mount_proc('/edit') do |req, res|
  temp = Tempfile.new('editwith_')
  if req.body
    temp.puts req.body.toutf8
  end
  temp.close false
  system $EDITOR, temp.path
  temp.open
  res.body = temp.read.toutf8
  temp.close
  res.status = 200
  res['Content-Type'] = 'text/plain'
  res['Content-Length'] = res.body.size
end

server.start

追記 req.body の nil チェック忘れてました。

  if req.body
    temp.puts req.body.toutf8
  end

No comments:

There was an error in this gadget